ホップ摘み(ホップにまみれて)

2014年07月15日 13:46



20140715hop1.jpg


8:30amに玉村本店到着。
ego-brewerさん、たかしくん、轟さんと挨拶を済ませ、
サンダルからブーツに履き替えた私達は、
轟さんに連れられてホップ畑へと向かいます。


20140715hop2.jpg


玉村本店さんのホップ畑。
はじめてのホップ畑。
ホップまみれ♪
それはもう大興奮でした。


20140715hop3.jpg 20140715hop4.jpg
20140715hop5.jpg 20140715hop6.jpg


いつもいつも、
ホップホップ♪ホップをいれろ~!もっといれろ~!
ホップを効かせろ~~!ホップゥ~~~~!
と、ホップバカ丸出しなワガママを言っているだけじゃ~申し訳ない!
という理由や、
自家栽培ホップを見たい、触りたい、摘んでみたい!
という理由。
そして何より、
『ホップを摘まずして、ホップを語るな!』
なんて理由でお手伝いに来たという訳です。


20140715hop7.jpg


畑に到着すると、
もうすでにテントの下で地元のボランティアの方々が
ホップ摘み作業を始めていました。
ego-brewerさんも、なが~いハシゴに登って、
上の方からチョキン、チョキンと、
ホップのツタを切り落としています。

高いところに登れて楽しそうに見える
ハシゴの上の作業。
一番日差しを受けて暑いし、
自分でバランスをとりながら、
そしてホップの本線を切らないよう気を使いながらと、
見た目よりもものすごく危険で、汗だくな作業です。


20140715hop8.jpg


ego-brewerさんによって切り離された
ホップのツタは、
どんどん、どんどん、
容赦なくテントの下に運び込まれます。


20140715hop9.jpg


テントの下でのホップ摘み作業。
ホップを1個1個丁寧に手で摘み取っていきます。
こちらの作業も、写真では簡単そうに見えますが、
使えるホップ、使えないホップを選別したり、
長時間畑で座って行うこの作業も
かなり大変なものでした。
案外こうゆう作業には自信があると思っていましたが、
「平気、平気、疲れてないです大丈夫!」
なんて言いながらも、正直、
さすがにこの時の足腰の痛み、
1週間くらいとれませんでした(苦笑)。


20140715hop10.jpg


もくもくと、
そして手際よくホップを摘んでゆく先輩方。
カッコイイです!あこがれます!
でも、ホップ摘みの先輩達に追いつくまでには、
最低でも、あと5年くらいはかかりそうです。。。


20140715hop11.jpg


2日目のホップ畑。
何やら見覚えのある顔ぶれ!
なんとこの日は、
日本のクラフトビールのブルワーさん達も一緒にホップ摘み♪


20140715hop12.jpg


ホップまみれのKAORIさん♪


20140715hop13.jpg


ホップにまみれているだけじゃ~物足りないのか、
勇ましく、高いハシゴにもグングン登って行っちゃいました(笑)


20140715hop14.jpg


もちろんこの人マイケルも、
ハシゴ作業が大好きです。


20140715hop15.jpg


ネズミの国の、
桜井さん専用のホップ摘みカゴ。
かわいい~♪


20140715hop16.jpg 20140715hop17.jpg
20140715hop18.jpg 20140715hop19.jpg


ぼて』いっぱいになった採れたてホップ達は、
すぐに乾燥機に入れられ、玉村本店の人達が交代制で、
夜通し乾燥作業を行うのです。
既に、昼間のホップ摘み作業や配達作業などで疲れているはずなのに、
交代制とはいえ、夜のこの作業もホントに大変です。


20140715hop20.jpg


このような大変な作業があって、
美味しい『志賀高原ビール』が出来上がるのです。
そして何より、ホップ摘み作業の後、
ホップ畑でいただいた志賀高原ビールは、
最高に美味しかったです♪


20140715hop21.jpg


汗だくになりながらのホップ摘み作業。
みなさんお疲れさまでした。
そして、
玉村本店の皆様、地元ボランティアの皆様、
本当にお疲れさまでした&ありがとうございました~♪



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://craftheads.blog88.fc2.com/tb.php/724-96d63de8
    この記事へのトラックバック


    最新記事