お猿の飲酒会を振り返る#1

2012年10月17日 17:58

ブログランキングに参加していますので、応援よろしくお願いします♪

人気ブログランキングへここをポチッとね!


20121017sin1.jpg


アメリカへ行くと、
いろいろなブルワリーのご好意で、
スタッフだけとか、
メンバーだけとかの試飲会に誘われる機会が多く、
良い経験と勉強をさせてもらっています。

こういう勉強会っていいな〜なんて思って、
Bar Sal'sでは『お猿の飲酒会』という、
結構まじめな試飲勉強会を2008年から開いてきました。

アメリカの美味しいBEERたち。
限定ものなんかは、
750mlという大瓶サイズでしか売られていない物がほとんどで、
Sal'sが輸入してきたBEERもほとんどがこのサイズでした。
しかし、高アルコールであり、量も多い。
となると、なかなか1人で飲むには難しいですよね。
でも、こんなに美味しいアメリカビールが、
まだまだ沢山あるんだと言う事を、
少しでも多くの人に知っていただきたいと思い、
こういう勉強会を始めてみた訳です。
新鮮であり、かなりレアな品揃えのテイスティング会であります。

この勉強会、
特に参加者の募集などはせず、
普段Sal'sに入荷する珍しいビール、美味しいビールを、
熱心に飲みに来てくださっている方々を中心に
声をかけさせていただき、参加していただきました。
8人から10人の少人数な勉強会です。
日本のクラフトビールの造り手の方々も、
過去に何人か参加して下さっています。

そして、
簡単ではありますが、テイスティングするビールや、
そのブルワリーについての資料もお配りするのと同時に、
実際に私達が見てきたことを、
ちゃんと皆様にお伝えするようにしています。
やはり情報を伝えるのは店の人の役目であり、
その情報が間違っていたり、
いい加減であっては良くないと思うので。
もちろん、私達でも分からない事は、
「分からない!」って言っちゃいますけど..。

4,5年前の鷺沼の小さな店で、
どれだけの美味しい、
そしてレアなクラフトビールが飲まれてきたのかを
振り返ってみたいと思います。





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://craftheads.blog88.fc2.com/tb.php/491-60aa2b38
    この記事へのトラックバック


    最新記事