FC2ブログ

テネシーウィスキーとバーボンウィスキー

2018年08月25日 10:04



20180825tasting.jpg


先日は、
Bar Sal'sのBourbon Tasting Setを紹介しましたが、
CraftheadsのTasting Setの内容も変わっています。

Craftheadsでは、
Jack Daniel's BlackとJim Beam White
の飲み比べを用意しました。

Jack Daniel's Black 40% alc
Jim Beam White 40% alc


共に、
アルコール度数40%の飲みやすいウィスキー。

何が違うのか?

もちろん、
蒸留所そのものが違う訳ですが、
この2つの違いは、
テネシーウィスキーか、
バーボンウィスキーかということ。

共にアメリカで造られているアメリカンウィスキー。

バーボン・ウィスキー
ライ・ウィスキー
コーン・ウィスキー
ウィート・ウィスキー
ブレンド・ウィスキー
モルト・ウィスキー
テネシー・ウィスキー

などが代表的なアメリカン・ウィスキーですが、
その大半はバーボン・ウィスキーが占めています。

今回のTasting Setでは、
そのアメリカン・ウィスキーの中から、
バーボン・ウィスキーとテネシー・ウィスキーの違いを楽しんでもらおうと、

バーボン・ウィスキーからはJim Beam White。
テネシー・ウィスキーからはJack Daniel's Black

を選んでみました。

原料の51%がトウモロコシ。
内側を焦がした新樽で2年以上熟成させたバーボンと、
途中、
テネシー州のサトウカエデの木炭で濾過(チャコール・メローイング)
してから熟成させたテネシーウィスキー。

同じ造り方でありながら、
チャコール・メローイングをするのとしないのでは、
どんな違いがあるのか?

この機会に、
是非味わって、試してみて下さい🍷





最新記事