Buffalo Trace Tasting Set

2016年11月02日 17:43



20161102bt1.jpg


11月に入った途端に急に冷え込んできました。
Bourbon Whiskeyを、
ゆっくりじっくり飲むのに美味しい季節♪

只今、
2ヶ月ごとに内容を変えて用意しているBourbon WhiskeyのTasting Set。

Bar Sal'sでは、Makers Markを紹介していますが、
もうお試しになられましたか?
まだの方は、是非この機会にお試し下さいね♪


20161102bt2.jpg


Craftheadsでは、
Buffalo Trace Tasting Set
をご用意しています。

Buffalo Trace 45% alc
White Dog Mash #1 62.5% alc


Buffalo Trace 蒸留所の看板商品でもあるBuffalo Trace。
柔らかな口当たりと、香りの良さが女性にも人気。
そんな優しい飲み心地と対照的なWhite Dog Mash #1。
樽熟成をさせる前の段階のもので、
十数年前までは蒸留所でしか飲む事が出来ませんでしたが、
ここ数年商品化され、多くの人が飲めるようになりました。

加水されてアルコール度数が45%のBuffalo Traceと、
62.5%のアルコール度数をもつ原酒、White Dog Mash #1。

原酒は同じですが、
アルコール度数も、色も香りも味わいも対照的な2つの飲み比べ。
とっても面白い飲み比べです!
これは是非!試してみて下さい。


Maker's Mark Tasting Set

2016年10月05日 10:30



20161005mm3.jpg


10月に入りましたので、
CraftheadsとBar Sal's各店の、
Bourbon Tasting Setの内容も変わりました。

まず今日はBar Sal'sの方のご紹介。

Bar Sal'sでは、
Maker's Mark Tasting Set
をご用意しました。

Makers Markは、
ライ麦の代わりに小麦を使って蒸留された、
飲みやすいと評判のバーボンです。

今回のTasting Setでは、
このMaker's MarkのRed Topと、


20161005mm2.jpg


同じくMaker's MarkのCask Strengthを飲み比べていただきます。

Cask Strengthとは!?

バーボンウイスキーがオーク樽で熟成されて、
そのオーク樽からそのまま!
加水せず原酒でボトリングされた状態のウイスキーです。
造り手の求めた味と香りがそのまま味わえるので、
是非ストレートで、お楽しみいただきたいです。


Maker's Mark Red Top 45% alc
Maker's Mark Cask Strength 55.8% alc



因みに、
小麦を使った他のバーボンで歴史があるブランドは、
Old FitzシリーズやWellerシリーズがあります。

Maker's Mark2種の飲み比べを楽しんだ後は、
同じ小麦系バーボンとの飲み比べを楽しんでいただくのもオススメです。


Tasting Setを楽しんでみませんか?

2016年03月09日 15:52



20160311tasting.jpg


Bar Sal'sとCraftheadsでは、
Craftbeerだけでなく、
Bourbon Whiskeyも充実しています。

もっともっと、
たくさんの方にBourbonの美味しさを知ってもらえたらと、
Bar Sal'sとCraftheadsの両店それぞれで、
毎月テーマを変えて、
Bourbon Tasting Set
をご用意しています。

このTasting Setでは、
2種類、時には3種類、4種類のBourbonを、
蒸留所別や、年代別、熟成樽別だったりと、
飲み比べする事が出来ます。

同じ原酒を使っていても、
樽で寝かせる年数や、寝かせ方、原料の微妙な違いによって、
ぜんぜん味わいが違ってくるものです。

そして、
このようなTasting Setにして並べて飲み比べる方法が、
それぞれの味わいや違いが良くわかるのでオススメ。

普段は1ショット(30ml)からでしかお出しする事は出来ないので、
15mlずつ注がれた、このTasting Setは非常にオススメなのです!

この機会に是非、
飲み比べを楽しんで、
そしてBouron Whiskeyを知ってもらえたらと思っています。


ますます美味しい季節です

2015年10月02日 16:49



20151002maple.jpg


10月に入り、
だいぶ夜の風が冷たくなってきたな〜と感じます。

夏の間は、
キンキンに冷えたバーボンのソーダ割りを呑むのが気持ち良かったですが、
これからの季節は、
ロックやストレートなんかでバーボンを楽しむのもオススメです。

モルトウィスキーに比べて、
甘味や、どことなくメープルのような香りを感じられるバーボンウィスキー。
アルコール度数も低めで、熟成年数の若い呑みやすいものもあれば、
アルコール度数も高く、熟成年数の長い、
木樽っぽさをしっかりと感じられるものもあります。

店のカウンター席に座って酒棚を眺めつつ、
心地よい音楽を聴きながらチビチビと呑むバーボン。
こんな呑み方が似合う季節になってきました。

昨日より、
CraftheadsとBar Sal'sの両店では、
Staffの五大が考えてくれた、
10月のBourbon Tasting Set
が始まっています。

同じ蒸留所が造り出すバーボンでも、
熟成年数や熟成の仕方によって、
全然違う味わいが楽しめます。
Tasting Setはその違いを飲み比べ出来るいいチャンス!
通常、バーボンは1ショットでしかお出ししていませんが、
ハーフショットずつで飲み比べ出来るのでとってもお得です。

この機会に是非Bourbon Tasting Setを試してみて下さい♪




Bourbon Tasting Set 《 William Larue Weller 》

2014年10月04日 11:58


20141003weller.jpg


今月のCraftheadsのBourbon Tasting Setを紹介!

Bourbon Tasting Set
William Larue Weller

◉ Buffalo Trace White Dog Wheated Mash 57%
◉ W.L.Weller Special Reserve 45%
◉ Old Weller Antique 53.5%



Buffalo Traceの
White Dog Wheated Mashの入荷に伴い
こんなティスティングセットをご用意してみました。

Wellerシリーズは、
Stitzel Weller蒸溜所が得意とするWheated(小麦系) Bourbon。

Stitzel Weller蒸留所は、
今は施設が残るだけで蒸留は80年代に終了しています。
その施設はバーボンで有名なケンタッキー州のルイビルに今でも見る事が出来る。
当時多かったライベースの物と違い、
WL Wellerは小麦ベースのバーボンで、
飲みやすく、香り豊かなバーボンとして一世を風靡した。
後にメーカーズマークに製法、レシピ、イーストも貸し出して
ベースを築いてあげたのは有名な話し。
現在このレシピとラベルはBuffallo Traceが製法していて、
現在全く手に入らないPappy Van Winkleの
ウイート系バーボンの代わりとして愛されている。
(現在のパピーとウエラーはほとんど中身は一緒です)



最新記事