FC2ブログ

4月のおすすめウィスキー

2019年04月05日 08:11



20190405roses.jpg


花の香り漂う、
良い季節になりましたね🌷

こんな時期にピッタリなバーボンって何かな?
って考えて、すぐに頭に浮かんだのがコチラ。

Four Roses

ラベルの絵柄がバラというのもありますが、
なによりこのバーボン、
原酒に近づけば近づく程、
口の中に残る香りと味わいがお花のように感じるんですよね。
(あくまでも個人的感想です)

アメリカ・ケンタッキー州にある、
Four Rosesの蒸留所を訪れた時、
樽から取り出されたばかりのFour Rosesを飲ませてもらいました。
もちろん加水されていない状態ですので、
アルコール度数は60%以上!

当時印象に残ったのは、
アルコール度数の強さよりも、
まるで原材料にバラが入っているのか?!
(もちろん入っていません)
と思ってしまうような香りと味わいが、
口の中いっぱいに広がって、感動したのを今でも覚えています。

という訳で、
4月のオススメウィスキーは、
Four Rosesです。

Four Rosesといえば、
バラの絵が描かれた黄色いラベル(イエローラベルと呼ばれます)
を思い浮かべる方が多いと思いますが、
他にもいろいろ発売されているんですよ。

今回ご紹介するのは、Four Rosesということで4種類。

🌹イエローラベル
🌹ブラックラベル
🌹シングルバレル
🌹スモールバッチ


そしてもちろん、
この4種類以外にも違う味わいのRosesがありますので、
同じ蒸留所、同じ原酒で、
どれだけ香りと味わいが違うかを存分に楽しんでみてください♪


Blanton's Tasting Set

2019年02月12日 07:53



20190212blanton.jpg


居酒屋サルズで盛り上がっているBar Sal'sですが、
バーボンやクラフトビールもいつも通り飲めますし、
バーボンに合うおつまみも用意されていますのでご安心を。

今月から、
Bourbon Tasting Setも復活しています。
今回用意したTasting Setは、

Blanton's Tasting Set

オハイオ川と、美しい景色に囲まれた、
ケンタッキー州・フランクフォートの丘の上に蒸留所はあります。

丸いボトルと、
競走馬のボトルキャップが印象的。

因みにこのボトルキャップ、
ケンタッキーのサラブレッドで、
全てが同じ形をしておらず、
レースのスタートから、
ゴールのガッツポーズまで8種類あるんです!
「このボトルはどんなポーズかな?」
なんて眺めながら飲む楽しみ方も出来ます。

もちろん!
Bar Sal'sでは8種類揃えてディスプレイしてありますので、
見てみてください🐎

ちょっと話しが脱線しましたが・・・

バーボンウィスキーがボトリングされる時、
通常はいくつかの樽から出された原酒がブレンドされて、
均一な味になった時点でボトリングされますが、
ブラントンは、
選び抜かれたひとつの樽からのみボトリングされた、
シングルバレル・バーボン

なので、ボトルのラベルも1枚1枚手書きで、

蔵出しの日付
樽ナンバー
ボトルナンバー


が書き込まれています。

現在日本で手に入るのは、

White Label
Black Label
Gold Label
From the Cask


の4種類。

今回はこの中から2種類、

Blanton's Black Label 40% alc.
Blanton's White Label 46.5% alc


をテイスティングセットとして選んでみました。

原酒が同じでも、
度数の違いによってどれだけ味わいや香りが変わるのかを、
楽しんでみてください。




Sazerac 18y 2007 Bottle

2019年02月06日 07:27



20190206saz.jpg


Bar Sal'sの今月のおすすめRye Whisky。
4本目にご紹介するのは、

Sazerac 18y 2007 Bottle 45%

ケンタッキー州・フランクフォートの丘の上。
レンガ造りの蒸留所。
その脇にオハイオ川が流れる、美しい景色の中で造られた、
バッファロートレイスのウィスキー。

ここで誕生したライウィスキーのサゼラックは、
アメリカでも人気でファンが多い、最高峰ライウィスキー!
現在、オークション価格10万を越える程の貴重なボトルです。


Wild Turkey Rye

2019年02月05日 07:28



20190205turkey.jpg


Bar Sal'sの今月のおすすめRye Whisky。
3本目にご紹介するのは、

Wild Turkey Rye 50.5%

このボトルは一世代前に造られ販売されていたもの。
もちろん現在もライウィスキーは造られ販売されているが、
アルコール度数は40.5%となっている。

ワイルドターキーらしい、
甘さ控えめでリッチな味わいは変わらないが、
アルコール度数の違いで、
どれだけ味わいが変わるのかを飲み比べるのもオススメ。


Knob Creek Rye

2019年02月02日 14:08



20190203knob.jpg


Bar Sal'sの今月のおすすめウィスキーは、Rye Whiskyです。
今回は、蒸留所の違う4種類のライウィスキーを選んでみました。
その中のひとつ、

Knob Creek Rye 50%

ジム・ビーム社の6代目が、
「禁酒法以前の力強いウィスキーの復刻!」を目指し造り出した、
『スモールバッチバーボン』シリーズのひとつで、
当店でも人気のノブクリーク。

そして7代目が、
そのノブクリークのライウィスキーを誕生させました。
ライ麦由来のスパイシーさもありながら、
ノブクリークらしい、
力強くリッチな味わいを感じられる一品。

バーボンウィスキーとの違いを飲み比べてみるのも面白いかもしれません♪




最新記事